英語をはじめとする日本での語学は、文法や語彙力のようなスキルが求められていますが、大事なのはビジネス英語です。

可能性が広がるビジネス英語を習得しよう

語学を始めるにあたって最初にすべきことはビジネス英語です。

日本の従来の語学教育は、定期試験や目先の検定に向けた短期的な記憶に頼った語彙力や文法力、ライティング力のようなスキルを高めることに特化した教育が主流でした。
そのため、日本の教育によって培われた英語は非実践的なものになってしまっていると思います。
とてもじゃないが、ビジネス英語としては全く役に立つ勉強方法とは言えないと感じます。
ビジネス英語と日本の英語教育における語学、さてどちらが実践的であるといえるでしょうか?
社会に出て役に立つのは前者だと思います。

そこで、わたしが提案したいのは、ビジネス英語を学ぶことから始めることです。

まず、社会生活の中で出てくるような実践的な会話表現やリスニングをどんどん鍛えることが大事だと思います。
なぜなら、仕事のようなどうしても英語を使わなければならない場面で、武者修行の如く語学をしていくことが最も上達の近道だと思うからです。

語彙力や正しい文法力はそのあとでいいのです。

ビジネス英語をコツコツと繰り返し使うことをベースにして、少しずつ知識を自分のものにしていくことが大事だと思います。
皆さんは、仕事中にミスしたことや恥をかいたことってもう二度としたくないって思いませんか?
その気持ちを上手く利用するんです。

ビジネスシーンで言いたかったのに出てこなかったワードやフレーズをとことん覚えるのです。

そうすることで学生時代の定期テストの時のような短期記憶でなく、将来的に役立つ知識の長期記憶化が図れるのです。

とにかく、朝起きてビジネス英語で使われる典型的なフレーズを聞きながら、自分でも実際に話してみる。

Copyright (C)2017可能性が広がるビジネス英語を習得しよう.All rights reserved.